07-03.jpg

「盗聴されているのでは?」と調査を依頼する時は、周りの人に極力相談しないで下さい。
できれば、誰にも言わない。何故なら、盗聴器を仕掛けているのは身近にいる人達の可能性が高いのですから。
彼氏、友人、親子、兄弟。会社なら、上司、同 僚、部下です。えっ、と思われるかもしれませんが全くの他人が仕掛けるケースは少ないのです。
もし相談した人が、仕掛けた本人ならば「止めときな」「高いんじゃないの」と言われるのが当然ですし、依頼したと話せば調査前に外され、調査が終わってからまた仕掛けられます。これでは何回調査しても見つかりませ んし、犯人も判りません。

当社への連絡ですが、盗聴されているかも知れない部屋から電話してくるなんてもってのほかです。
絶対に止めて下さい。公衆電話・携帯電話で関係のない所からかけ、更に気を付けるのであれば、口の動きを読まれないように、壁に向かって話すことをお勧めします。調査時にご協力下さい。

調査中電話回線は通話状態にして下さい、通話状態でなければ盗聴器が電波を発信しないからです。
次に、CD・MDやラジオなど音の鳴る物を用意して下さい、盗聴器が反応して仕掛けてある場所を知らせてくれます。

盗聴器(盗撮器)が見つかったら

発見時のことを考えご依頼者様が事前に決めておいて下さい。
警察に通報するか、当社で写真撮影の後に回収・保管をする。また、仕掛けた相手を突き止める調査(別途料金)に切替える。
ご依頼者様ごとにケースは違いますので、予め心構えをしておいて下さい。

アドバイス

盗聴発見調査実施して、盗聴器が仕掛けてあれば、必ず見つけ出します、無ければ本当に有りません。
調査後に対策などをアドバイスさせて頂きますので、真摯なお気持ちでお聞き下さい。
また、調査後に分からないことがあれば、何なりとご質問下さい、ご希望であれば実際の盗聴器を使用してデモンストレーションをお見せします。

盗聴器はいろいろな物に姿を変えて仕掛けられます、目視だけでは発見するのは困難になってきています。
電波式発信器は、一般的に100メートル内外の範囲で盗聴が可能ですし、携帯電話を使ったデジタル盗聴器では日本全国どこででも盗聴できます。広域帯受信機などの機器を揃えることができたとしても発見するには専門の知識が必要になります。

お一人でお悩みになるのではなく、
プロの話も聞いて下さい、より良い解決方法が見つかりますよ。

問題解決は.png